ねずみ駆除方法の種類

最近、屋根裏でコトコト騒がしかったり、カリカリとかじる音がしたり、食べ物やビニール袋を食べ散らかした跡があったら、ねずみの侵入の疑いがあります。

騒音や散らかすという被害だけでなく、今後電気製品の配線をかじって故障の元になったり、病原菌を広めたりする可能性があるため、早めにねずみ駆除に取り組みましょう。

ねずみ駆除には、大きく分けて3種類あります。



まず、もっともポピュラーで即効性があるのが「捕獲」です。


書いて字のごとく捕獲することであり、ゴキブリホイホイと同じく「粘着式ねずみ捕り」というとりもち式が一番手軽です。



他にもカゴや圧殺式補鼠器などがありますが、一番設置も簡単で衛生的に処理することができます。
出没しやすい壁際の隙間や、暗く死角になりやすいところに設置しましょう。


次に「薬」によるねずみ駆除。
いわゆる毒だんごがこれに当たります。
最初は無毒のエサを置いておき、手をつけているようであれば、徐々に少量ずつ殺鼠剤をエサに仕込み、量を増やしていきます。

ねずみは他のねずみのフンも食べることがあるため、毒のエサを食べた本体だけでなく、他のねずみまで駆除できます。

All Aboutに関する疑問を解消してください。

そして、ねずみを「追い払う」方法です。
ねずみが生息しづらい環境を作ることで、捕らえたり殺すことなく処理できるため、衛生的である上にねずみの姿自体を見ることなく駆除できるので手軽な方法です。

具体的にはねずみの嫌がる香料を配合した忌避スプレーや忌避剤、ねずみの通り道となる箇所に設置するトゲや針金のついた忌避具、ねずみの嫌がる光を発する機器や音を発する超音波駆除機などがあります。