ねずみ退治は、普通のオフィスにも必要です

本能で生きる野生の動物は基本的に食料しか狙いません。
当然の事かもしれませんが、いくら賢くなったとは言え、人間にしか価値が分からないお金やカード等を、野生のカラスやシカ、ねずみ達がターゲットにする事はないです。

NAVERまとめを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

カラスは例外中の例外として光物を集中する癖を持っていますが、お金やパソコンを盗む事は基本的にありません。



都会にはカラスやシカ、ねずみといった害鳥や害獣がまだまだ生息しており、注意が要ります。

特に都心部でもリスクが高いのが、ねずみです。

うちは普通のオフィスなので、ねずみ退治の必要性はない、と感じている方々は珍しくないでしょう。

確かに害獣は基本的に食べ物しか狙いませんので、採集した木の実や刈り取ったお米や農作物がまるで置かれていない普通の都会のオフィスが、ねずみの被害に遭う確率は非常に低いように思われます。
しかし、注意したいのが都会に暮らすねずみの習性です。都会のねずみはオフィスの天井や壁等に張り巡らされたケーブルを齧ります。

熱を帯びたケーブルを齧る妙な習性を所有しており、オフィスの電話線やネット回線、電気のケーブル等が損傷する被害が続出しています。
オフィス周辺、あるいは内部でねずみの姿を見かけた場合は、たとえ普通の事務所だったとしても、ねずみ退治が必要です。



生け捕り用のトラップを仕掛ける、害獣の侵入経路を特定し、その穴などを防ぐ、あるいはねずみ退治の専門会社に依頼し、本格的な駆除を代行してもらう等の選択肢があります。