ねずみ退治の必要性とその注意事項

野生動物が人家や田畑に侵入し、食料品を荒らす被害が相次いでいます。

害獣ともよばれる人に危害を加える野生動物、近年では気候変動の影響からか、かつては上手く住み分け出来ていた地域にも、危険な動物が出現し始めています。

庭や田畑にバリケードを設置する人々もいます。

バリケードを設置すれば、大抵の害獣は侵入不可能になります。

東京新聞についての情報です。

ただ、一方で体の小さなねずみはバリケードの隙間を縫って、人家や田畑に入り込みます。


小動物ですが、その食欲は極めて旺盛です。


少数のねずみに倉庫一つが全滅させられた、という話も少なくありません。また、たとえ農作物や食料品全てが食べられなかったとしても、ねずみの噛み跡が付いた農作物は出荷出来ません。野生動物が触れた食料品には、人体に有害なウイルスや細菌、微生物等が付着しますので、一見無傷に見える食べ物も、その上をねずみが這いずりまわったとも思われるものは、処分しなければいけません。

ねずみ退治の方法はいくつかあります。



定番のねずみ退治方法としては、殺鼠剤です。

殺鼠剤を散布する事で、ねずみ退治は効率よく進められます。
ただ、気をつけたいのは家庭でペットを飼育されている方々です。

殺鼠剤はねずみ退治の薬剤ですが、同じ哺乳類の猫や犬にも有害性がありますので、ペットを飼育されている方は殺鼠剤以外の罠などで対策しましょう。

また、ねずみ退治用のお団子なども、効果的ですが、自宅の敷地内に飼猫や飼い犬がいる場合は自重しましょう。



彼らが誤って駆除用のお団子を食べては一大事です。