Skip to content

出産内祝いのお返しについて

出産内祝いとは、出産時にお祝いを頂いた方へ子どものお披露目を兼ねて、もらった品物やお金の半額から3分の1の間の金額に相当する品物をお返しすることをいいます。出産内祝いのお返しをする時期としては、出産から1か月から2か月ぐらいに内祝いを郵送するのが一般的です。ベビーギフト関連の専門店やサイトでは、出産にちなんだ内祝いのギフトサービスが充実しており、その中でも子どもの名前や顔写真を品物に印刷できる名入れギフトが注目されています。もともと、出産内祝いは、周囲の親族や友人、知人に子どものお披露目をするために行っていたため、子どもの近況などを品物と一緒に報告できる名入れギフトは人気があります。

品物としては、お菓子やお米などの消耗品が選ばれることが多いです。最近は、相手の趣味や好みを尊重して、自由に好きな商品を選ぶことができるカタログギフトがお返しの商品としては結婚式の引き出物と同じぐらい需要があります。内祝いの品物を送るときの注意点としては、品物だけを郵送するのではなく、熨斗や挨拶状も添えるようにします。熨斗の書き方としては、紅白の蝶結びの水引を選び、その上段には「内祝い」と書きます。

そして、下段には生まれた子どもの名前を記入します。熨斗の付け方は、品物の包装紙の外側につける外熨斗が一般的です。実際に出産してからは、初めての子育てで忙しくなるため、出産前にある程度内祝いの手配を考えておくのがよいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です