ウォーターサーバーの料金

東日本大震災以降の消費者は、水道水よりも安全で美味しい水への欲望に加えて、緊急時の備えとしての宅配水需要が急増し、急激に宅配水市場が拡大しています。又、宅配水は、天然水やRO水など多種からの選択が可能であったり、必要な分だけ配達して貰える便利さが人気です。急激な宅配水市場の拡大に伴い宅配水業者の中には、従来のウォーターサーバーと比較して消費電力量が大幅に節約出来る機種や自動クリーニング機能を搭載した機種などをレンタルしている業者も増えて来ています。しかし、ウォーターサーバーに関する料金は、宅配水業者によって大きな違いがあります。

ウォーターサーバーの利用料金の内訳としては、月々の利用料とメンテナンス料の2つから構成されます。月々の利用料は、利用期間通して無料とする業者と毎月利用料を必要とする業者があり、規定量以上の注文を条件として無料とする業者がいます。又、ウォーターサーバーのタイプによっても利用料に違いがあります。据え置き型の機種や卓上型の機種、大型のコラボ機種など多種あります。

メンテナンス料は、月々の利用料と同様に利用期間通して無料とする業者と有料メンテナンスを定期的に義務付ける業者がいます。又、宅配水ユーザーの任意により、有料メンテナンスを行なう業者もいます。ウォーターサーバーの利用料金だけで考えるのでは無く、宅配水の価格と消費電力量•メンテナンス料も合わせて検討する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *