ウォーターサーバーの水の料金は購入単位と単価に注目

ウォーターサーバーは業者によってどのくらいの水の量から購入出来るのか、その単位が違います。まず、ボトル容量を確認したいところですが、これは大抵は12リットルです。つまり、1つ購入すると12リットルの水をゲットすることになります。次に購入単位ですが、それぞれの業者の水の容量を把握して購入単位は何本からの購入になるのかを見ておきましょう。

この購入単位は2本からの購入、又は3本からの購入など1本からの購入が可能なところが少ないです。業者によっては初回時は4本からの購入など割と大量に水を買わされることもあります。この購入単位を見ておくことは結構大事です。簡単に言うと、あまりウォーターサーバーの水が減らないという人は無駄に料金をかけることになるからです。

購入単位がかなり少量でも可能なら良いですが、ウォーターサーバーは一定期間で一定量の水を購入しないとレンタル費用が発生したり、メンテナンス費用や解約費用などいろんな事にお金がかかるシステムになっている業者がたくさん存在するので、割と水を消費する人でなければ割高な水になってきます。月のトータルであまり水を使わないならコンビニで自分が使う分だけ水を購入する方が料金は安くなります。水の購入単位を見ると同時に各業者の水の料金も見ておきましょう。同じサービスでも水の種類によって水の単価が変わってくるので、しっかりと単価を見ておくことも大事なポイントになってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *