自宅で浄水器を導入する際の選び方

自宅で浄水器を導入する時には、選び方といってもすぐに決められるものではありません。まずはどのような目的で浄水器を取り入れたいのかを考え、その目的を満たせる商品を探すことを目的にします。また、種類も色々とありますので、その種類毎の特徴やメリット、デメリットを理解することが大切です。実際に導入した場合の使い勝手まで具体的に想像できれば、購入してから失敗したと思うことも少なくなるはずです。

まずは目的ですが、水が美味しくないとか安全性に不安があるといったケースが大半であり、これらを満遍なく解決できるのは少し高めの浄水器になります。選び方では一定額以上のものを選べば良いのですが、その中でもビルトインタイプは非常に優れています。大掛かりな工事が必要になるため導入できるご家庭は限られていますが、導入できればもっとも使いやすい部類に入ります。同じくらいのろ過機能を持つものも存在するのが据え置き型であり、こちらはシンク脇に少しのスペースがあれば設置可能です。

シンク脇が狭いご家庭でも、省スペース型に絞る選び方で解決できます。味だけの問題の場合には、ピッチャー型や蛇口直結型にするのがお勧めです。蛇口直結型は気軽に導入できる浄水器の一つですが、性能によって価格に大きな差が出るタイプでもあります。非常に安くて数百円で購入できる商品は、つけても味の変化は小さくなりますが、少し高めの商品にすると違いがはっきりと分かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *