使いやすい浄水器の選び方のコツ

家庭でおいしい水が飲めるようになる浄水器ですが、性能だけでなく形状も様々な商品が多数販売されているため、購入の際はきちんと検討する必要があります。浄水器の選び方のコツを知れば、より使いやすく良いものを入手できます。まず、浄水器は主に4つの種類があります。最も手軽なのがポット型で、設置などはせずポットに水を入れてろ過でき、持ち運びも便利です。

設置するタイプで手軽なのが蛇口の先に取り付ける蛇口直結型で、サイズがコンパクトで価格もリーズナブルなものが多いので人気があります。据え置き型はシンクの上に備え付けるスペースが必要ですが、浄水能力が優れているので水を多く使い性能にこだわる人に向いています。ビルトイン型はシンク下に設置するタイプで、工事が必要ですが能力は優れていてシンク周辺の場所をとらないのでキッチンをすっきり使いたい人にぴったりです。このように種類によって特徴があるため、基本的には求めるタイプを選べばいいのですが、使いやすい浄水器の選び方としては目的やライフスタイルも重要です。

一人暮らしでシンクが狭い場合には大きめの浄水器では邪魔になってしまいますし、毎日料理して水の使用量が多い家庭ではろ過できる水量が少ないものでは不便です。定期的に交換が必要なカートリッジも、本体価格がリーズナブルなものは頻繁に交換が必要な傾向があり、手間がかかって面倒ですし意外とコストがかかることもあります。一年あたりどれくらいコストがかかるのか、事前に確認するのも選び方のコツです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *