浄水器の選び方の基本

基本的な浄水器の選び方として、まず最初に予算を決めるのは重要なことです。一口に浄水器といっても種類は色々とありますし、選ぶ種類で値段は大きな差があります。ほんの少ししか予算をかけられないのなら、簡易型の蛇口直結型が良いと言えますし、数千円程度までなら出せるというのであれば高機能な蛇口直結型を選びます。数万円程度の商品を求めている時には据え置き型から選択することになり、先に価格を決めることで大体の種類の選定が可能です。

性能面から考える選び方もあります。浄水器を取り入れる時には有害物質の体への影響が気になったり、水の臭いや味が気になったりと何らかの理由があるはずです。現在困っている部分を解決するためには、それなりの性能が必要です。ここで一つ覚えておきたいのが、性能は価格と比例するということであり、価格の高いものは性能にも優れています。

ですから、浄水器について詳しく知らない時には少し高めのラインナップから選ぶと失敗しません。現実的な選び方としては意外とこの方法が多くなっていて、値段が高いから性能も良いだろうという気持ちで購入する人もたくさんいるようです。最近ではアルカリイオン水や水素水が美容や健康に良いと人気が高まっていますので、こういった種類の水が出てくる浄水器も増えています。求めている水の種類による選び方もあるため、基本的な性能をチェックしながら比較することが大切です。

最終的なコストパフォーマンスまで考慮し、カートリッジの交換スパンにも目を向けます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *