一人暮らしに浄水器は必要か

浄水器は自宅で安心安全な美味しいお水が飲めるようにするためのアイテムです。

日本は優れた上下水道の技術を要する国のため、水道水をそのまま飲むことが出来る、世界的にも数少ない国です。そんな日本でも浄水器は必要なのかと考えている方がいるかもしれませんが、実はそうとも言えません。近年、日本での水道管の老朽化が全国的に深刻な問題になっており、水道管の破裂のリスクや水の安全性が懸念されている現状です。

実際に水道水へサビや水道管の成分が溶け出している事例もあります。短期的には問題がないとしても、水は毎日何度も使用するものである為、長期的に考えると一人暮らしでも浄水器は用意したほうが良いと言えるでしょう。一人暮らしの方が浄水器を選ぶにはポイントがあります。

まずはフィルターの性能を確認してみましょう。フィルターには臭いの成分やカルキなどを吸着しやすい、活性炭を使用した活性炭フィルターや高温で焼結されたセラミック素材に無数の穴をあけ、そこに水をろ過する方式のセラミックフィルターなどがあります。また、水分子と同程度の物質しか通さない膜を透過させ、不純物を取り除く方式の逆浸透膜という物もあります。それぞれで得意なジャンルが違うため、目的などで選ぶと良いでしょう。安心安全な水を美味しく飲めるようにするために、一人暮らしの方でも浄水器の購入を検討している方はいるでしょう。フィルターやタイプ、トータルコストを把握し納得した上で、導入してみるのが良いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *