一人暮らしにぴったりの浄水器とは

世界的にみても日本の浄水の仕組みのレベルは高く、家庭の蛇口から出てくる水もそのまま飲むことができます。

日本では、水道法という法律で水道水の品質や安全性について厳しい管理が行われています。水道水に含まれる細菌を殺菌するための微量な塩素が含まれていて、この塩素を残留塩素と呼んでいます。水道水に含まれる残留塩素は、健康被害などの影響を及ぼすことはありません。これは、一生涯水道水を飲み続けたとしても、同じです。しかし、水道水の品質を保つための残留塩素は、水中のアンモニアや有機物と反応して独特のカルキ臭を発生させたり、トリハロメタンという発がん性物質を発生させることがわかっています。浄水器を取り付けるメリットは、美味しいお水を飲めることです。美味しいお水を飲むことは、ウォーターサーバーやペットボトルの購入でもできますが、購入するたびに費用が発生するので一人暮らしだとランニングコストが気になります。

浄水器は、本体とカートリッジの他には使った分だけの水道料金がかかるので、費用を抑えることができます。一人暮らしをしている人におすすめの浄水器は、場所をとらず、比較的安価な料金で取り付けることができる水道直結型の浄水器です。一人暮らしの場合キッチンが狭い場合もありますが、蛇口直結型はコンパクトな作りのため邪魔にならずわざわざ置くスペースを確保必要もありません。定期的にカートリッジの交換が必要ですが、カートリッジさえ交換すれば長い期間使うことができるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *