一般家庭の風呂に向いている浄水器とは

日本の水道は蛇口から流れ出て来る水を直接飲んでも良いほど、非常に清潔な状態で配水されており世界各国でも類をもない水道であると言われています。

これは浄水場内で塩素消毒がなされているからであり、1立方メートルあたり約0.05%の塩素濃度となっています。これにより清潔な水で飲むことも可能ですが、塩素は消毒剤でもあるので肌や髪の毛にダメージを与えるので、浄水器を用いて塩素をろ過することが望ましいものです。一般家庭向けの浄水器は多種多様なものが各社メーカーから販売されており、一般家庭の風呂で使用できる専用のものもあります。この中で家庭の風呂で使用しやすいものが、複合水栓型の浄水器です。この浄水器は一般的な外付けタイプの製品とは異なり。

水栓器具内に浄水機能を有しているのが特徴です。これは風呂場は常に高温多湿となる環境で、従来の外付けタイプのものでは劣化しやすいことを踏まえたうえで開発され、今では家庭向け風呂用浄水器の主流となっています。複合水栓器具一体型の場合、水道工事専門会社に依頼をして既存の器具と取り換えてもらう必要があります。販売価格の相場は約2万~3万円となりますが、一度取り付けるとあとは内蔵フィルターを定期的に取り換えるだけで浄水効果を維持することが可能です。このフィルターで塩素を除去して、髪の毛や肌にダメージを与えない水を使用できるようになってなお一層安全な水を家庭の風呂に供給できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *