お風呂用浄水器を使うメリット

浄水器があるお風呂と聞いてピンとこない人もいるかもしれません。

本来、水の中には細菌が多くいますが、塩素で消毒を済ませた水が日本では水道水として使われています。しかし、消毒しているために、住まいの蛇口をひねって出てくる水道水は塩素が残留した状態です。この残留塩素は、美容に関して少なからず影響があると言われています。衛生上、塩素による水の消毒は重要になりますが、髪の毛や肌に残留塩素が触れると酸化作用によって乾燥しやすくなったり、髪を美しく見せているキューティクルに傷がついたりしてしまうのです。水道水を浄水してキッチンで美味しく飲むためだけではなく、お風呂に浄水器を取りつければ水による美容効果も得られると言えるでしょう。

加えて電気温水器を使用している場合、タンクに溜めて使い切らなかった水が次に使用されるまで残り、少しずつ汚れていきます。このため、定期的に排水するメンテナンスが必要ですが、実施しているユーザーは少ないとも言われているのです。実際に、電気温水器の水は飲み水に使ってはいけないと、多くの商品で取り扱い説明書に書かれています。お風呂に浄水器が設置されていれば、電気温水器を使用していても不安なく水道水を使用できるでしょう。特に、性能が良いお風呂用浄水器があれば、湯を飲んでも健康に悪影響を与えることはありません。カルキ臭の感じられない湯でストレスが少ないバスタイムを楽しめるのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *