お風呂用浄水器を設置するメリット

水道水には細菌繁殖を防ぐためにも消毒のために残留塩素が含まれています。

水道水の衛生上非常に重要となりますが、残留塩素が含まれた状態でシャワーを浴びると肌や髪に与える悪影響があり、髪の毛などはタンパク質からなる髪のキューティクルが傷んだり、皮膚のタンパク質にも酸化作用により酸化や分解が進行する特徴を持ちます。肌質は人によって異なりますが、敏感肌の方など肌のバリア機能が低下しやすい人は影響を受けやすく、角質層の水分不足を引き起こし刺激を受けやすいドライスキンへと導き、様々な肌トラブルにつながる可能性も高くなります。そこでキッチンの水道水を浄水器を設置することで残留塩素を取り除く方法と同様に、お風呂場用の浄水器を設置することによって水道水の残留塩素を除去することで、肌や髪への刺激が少なく肌当たりがやわらかなお湯にすることが可能です。

お風呂用浄水器を設置するメリットは他にも、水道水に含まれる原水のアンモニアやその他の有機物が残留塩素と反応することで独特のカルキ臭が発生しますが、浄水器を設置することで嫌なカルキ臭がなくなり、臭いや肌や髪を傷ませない水質にすることで天然水でシャワーを浴びている爽快感を得ることが出来ます。アトピー性皮膚炎など、肌トラブルを起こしている人などが浄水入浴を行うと悪化要因を除去し肌を清潔に保つことが出来る効果や、肌を刺激する塩素を取り除く効果が得られます。普段入浴時に独特のピリピリした刺激を感じるのは、残留塩素がお湯の中に残っていることが関係しているので多くの方は入浴剤などを入れて対応します。しかし入浴剤などは使用せずやわらかなお湯で入浴したいという方にもお風呂用浄水器は効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *