浄水器をお風呂に設置して入浴を爽快に

浄水器はキッチンの蛇口に設置されることが多いのですが、水道水はキッチン以外でも多く使われています。

特にお風呂は多くの水を使うため、影響を受けやすい場所です。水道水のカルキ臭や味に関わる部分しか気にしていないという人もいますし、飲用や調理用として体の中に入る水以外は気にしていないという人もいますが、水道水の残留塩素は酸化作用を持つため、肌や髪を傷めてしまうという影響があります。お風呂に入ったときやシャワーを浴びたときに肌がピリピリするのも、この残留塩素の影響によるものです。残留塩素による肌や髪への影響は個人差があり、一度に受ける影響はそこまで大きいとは言えませんが、お風呂は毎日入るという人も多いため、継続的に影響を受け続けることで様々なトラブルを引き起こす可能性はあります。

肌は刺激を受けやすく乾燥しやすい状態になり敏感肌になり、髪はキューティクルが傷んだ状態になります。美容目的でも気になる影響ですが、それ以上に肌の健康上のトラブルを避けたいという場合にも無視できない影響ですから、お風呂場に浄水器を導入することは大きなメリットがあります。また、浄水器で残留塩素を取り除いた水での入浴は残留塩素の独特の臭いを感じることがありませんし、肌触りの良いやさしいお湯になるので、かなり爽快なものになります。毎日のお風呂をより安心で快適に楽しめるものにしたいという人にも、浄水器の導入はおすすめできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *