浄水器をお風呂場に取り付ける理由とは

浄水器は台所に取り付けるイメージを持たれている方が多いと思いますが、お風呂場に取り付けている人もいます。

これをすると、シャワーや浴槽にはるお湯を綺麗にする事が出来るのです。日本の水道水は、一度綺麗にする為に浄水施設にて不純物を排除していくのですが、それだけでは不純物を排除するのに限界があります。実は完全に取り除けているわけではありませんので、最終的には自分でする必要もあるのです。水道水に含まれている不純物の中に『塩素』があります。国が定めている不純物には13種類あるのですが、その中の一つが塩素です。この塩素は肌に浴びてしまうと、なんと肌荒れを起こしてしまう可能性があります。肌が弱い人、アトピーにかかっている人は、荒れてしまう事が多いようです。

この塩素を排除する為には、浄水器をお風呂場に取り付けるしかありません。浄水器を通して出てくるお湯には不純物が排除されていますので、これでしたら塩素を肌に浴びてしまう事がなくなるというわけです。肌荒れが起こってしまうと、かなりヒリヒリとしてしまうので、これが無くなるだけでもかなり嬉しいものです。お風呂場に取り付ける浄水器は大体10万円はします。定期的にカートリッジの交換もしなければいけませんので、お金はそれなりにかかってしまいますが、肌荒れの悩みが解消される事を考えると、風呂場に設置された浄水器はその分の働きをするでしょう。浄水性能が心配だという人は、購入前にレビューを調べておきましょう。
風呂の浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *