浄水器をお風呂につけるメリットとは

最近では、自宅に浄水器を設置する人も増えてきました。

美味しくて安全な水を飲むために、キッチンに設置する人がほとんどでしょう。しかし、飲み水だけ気を付ければ良いのでしょうか?水道素には、残留塩素や不純物が含まれています。お風呂や洗面所など、肌に触れるのは大丈夫なのか気になる人もいるでしょう。水道水には塩素が含まれていることをご存知だと思います。これは、水を消毒するためです。消毒することで雑菌を破壊し安全な水にすることができますが、残留塩素として水の中に残ってしまいます。もちろん、この残留塩素濃度は基準値を定められており、健康を害することはありません。ですが、人によっては塩素の味や臭いを感じたり、肌や髪にトラブルが出ることもあります。

そのため、飲み水だけではなく体や髪を洗う水にも気を付けたほうがいいと言えるのです。特に、体や髪を洗うお風呂の水は重要です。塩素にはタンパク質を破壊する性質があります。肌や髪はタンパク質が含まれているため、残留塩素を含んだ水を使うことは肌や髪を傷める原因になることも。肌がデリケートな人はそれだけ影響も出やすく、ピリピリと肌に刺激を感じることもあります。そのため、アトピーや肌トラブルの多い方は、お風呂にも浄水器を付けることをおすすめします。蛇口に取り付けるだけの簡単なタイプもあります。お風呂の水だけが肌トラブルの原因とは言えませんが、お風呂に浄水器を設置することで肌への負担も軽減されるはずです。
風呂の浄水器のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *