シャワーヘッドを浄水器にして快適にお風呂を楽しむ

近年は家庭用の浄水器が普及し、口から入る水についてこだわる人が増えています。

その一方、お風呂で使う水については、まだ気にしていない人も多くいます。実は水道水の消毒に使われる塩素はタンパク質を傷める作用があるため、肌や髪を傷めてしまう可能性があるのです。お風呂にも浄水器を導入しておけば、より安心して水道水を使えようになると言えます。お風呂で使う水というと湯船の水とシャワーで浴びる水がありますが、湯船の水に関しては入浴剤に塩素を除去できる成分が入っていることが多いため、浄水器無しでも影響を抑えることができます。そのため、お風呂の水で残留塩素の影響が最も問題になるのはシャワーの水で、それを取り除くのにはシャワーに取り付けることができる浄水シャワーヘッドが便利です。

浄水シャワーヘッドは、内部のろ材で通水した水道水の残留塩素を取り除くことができる仕組みです。実際に使用する場合には塩素除去力が高いことはもちろんですが、使用水量やカートリッジの値段と交換頻度からランニングコストを計算して無理なく使えるもの選ぶことも必要です。浄水シャワーヘッドには節水機能を持つものもあるため、より経済的に利用することもできます。また、塩素は消毒効果があり、塩素を取り除いた水はカビやぬめりが発生しやすく掃除には向かないため、原水と浄水を切り替えられる機能を持ったものだと掃除の際にも便利ですし、浄水のフィルターを無駄に消耗せず長持ちさせられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *