お風呂に浄水器をつけるメリットとは

キッチンには浄水器をつけているけど、お風呂のシャワーには取り付けていないという方は多いと言われています。

お風呂のお湯にも浄水器を取り付ける必要があるのか、そのメリットとは何なのでしょうか。お風呂で使用される水にも、消毒のために使われた塩素が残っています。このように水道水に含まれる残ってしまった塩素のことを、残留塩素といいます。残留塩素は、お肌や髪によくない影響を与えてしまうと言われているのです。例えば、アトピーの方だと塩素が残ったお湯を浴びるとお肌に赤みが出てしまう場合もあります。お風呂で身体をきれいにしているはずなのに、その入浴が原因でお肌が荒れてしまっては意味がありません。また、入浴のたびにお肌の赤みや痒みを抑えるため、薬を塗っていては今まで以上に費用がかかってしまいます。

また、髪に与えるダメージも気になるところです。残留塩素は、髪のキューティクルにダメージを与えると言われています。きれいな髪を保つためにも、塩素を取り除く浄水器を取り付けることが必要になってきます。お風呂用の浄水器は、シャワーヘッドに取り付けるタイプやもともと内蔵されているタイプなど、さまざまな種類があります。選ぶポイントとしては、浄水機能を比較することはもちろんですが、流水量を確認することも大事です。お手頃な価格で導入できるのはシャワーヘッド交換型です。家庭の水道の大元に浄水器を設置するセントラル型だと、家庭で使うすべての水道を浄水してくれます。セントラル型だと設置時の初期費用が高くなってしまうので、ご自身のケースに合わせたタイプを選んだほうがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *