満足できる翻訳会社

翻訳サービスを仕事にする

翻訳サービスを仕事にしようと思えば、もちろんある程度は語学力がなくては話になりません。

そして、やはり上を目指そうと思えばその語学力により磨きをかける必要もあるでしょうし、一つの外国語だけに習熟するのではなく複数の外国語に習熟しているほうがより貴重な人材になれることは間違いないでしょう。

ですが、翻訳サービスという実務においては、重視される外国語とさほどでもない外国語があることは事実です。闇雲に資格マニアのように外国語を勉強しても実務での引き合いが少なければ残念なことになってしまいます。

翻訳サービスにおいては、英語は当然のこととして、次に来る言語は今ではおそらく中国語でしょう。日常生活でも感じていることでしょうが、中国という国の存在感は年々大きくなっています。日本を訪れる観光客も増えており、ビジネス面での結びつきも強くなっています。

他には韓国語も似たようなものかもしれません。日本を訪れる人とかビジネス面での結びつきと言えば、やはり東南アジア諸国についても無視はできませんし、歴史的背景もあってブラジルもかなり強い関係があります。これらの国からの外国人労働者の受け入れが今後増加するようなことも十分に想定されるわけで、そうなれば翻訳サービスの需要も大きくなることでしょう。東南アジアのタイ語やベトナム語、マレー語、それにブラジルで使われているポルトガル語などができる人材は非常に貴重だということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *