満足できる翻訳会社

ビジネスで翻訳サービスをオフィスから依頼する方法は

ビジネスなどで英語や韓国語・中国語などの原文を、日本語に翻訳したいときがあると思います。

家電品や日用品などの取扱説明書などは、中国語で書かれていることが多く、日本語訳が併記されていることもありますが、日本語としておかしい翻訳になっていることもあります。また技術論文なども、専門的な技術用語で書かれていることがありますので、ビジネス上、その道の専門的知識がないと概訳すら困難です。

翻訳サービスは主に2つの方法で依頼することができます。まずは翻訳サービス会社に依頼する方法で、翻訳サービスを行なっている会社に直接依頼するもので、会社のオフィス内にその方面の技術的専門者がいない場合は、提携している外部の翻訳者に依頼することになります。もう1つはクラウドソーシングで、クラウドサービス経由で翻訳者に直接依頼する方法です。どちらも一長一短があり、翻訳サービス会社は大変な量のものを依頼しても、翻訳サービス会社がビジネス上で提携しているところで分担して翻訳作業を行えますから、比較的短時間で納品される可能性が高いでしょう。

またオフィス内にコーディネイターがいますから翻訳以外の、例えば編集作業なども行ってくれる可能性があります。クラウドソーシングの場合は気軽に依頼できる点が優れており、会社に依頼するときは会社の営業時間の存在がありますが、オンラインのクラウドにはオフィスという概念がありません。そのため24時間いつでも依頼することが可能です。更に世界中の翻訳者に依頼することができますから、時間的な制約も少なくて済むメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *